コンセプト|【公式】プレイスコート喜多見|小田急線「喜多見」駅徒歩6分、全130邸|東急不動産×三菱地所レジデンス×小田急不動産新築マンション

プレイスコート喜多見 PLACE COURT KITAMI

HISTORY 三作目のプレイス HISTORY 三作目のプレイス

CONCEPT
コンセプト

その上質、集大成。

航空写真

SCROLL DOWN

東急不動産×三菱地所レジデンス×小田急不動産
が手がける、三作目※1の『プレイス』。
集大成だからこそ、つくりたかった邸園がある。

「コートシンフォニア」完成予想CG

歴代の『プレイス』、
すべての設計監修を手がけたのは、
「We+F vision」。

We+F vision

集合住宅の外観や共用部はもちろん、店舗デザインやインテリアデザイン等まで幅広く手掛けるウィ・アンド・エフ ヴィジョンが設計監修。「自由な未来図」を表すその名の通り、生活の中で培われた文化を基盤に、真に人の手や心、周辺環境に馴染む新しい生活スタイルの創造を提案しています。

代表取締役 石倉雅俊

日本サインデザイン協会第27回SDA賞サインデザイン準優秀賞(神戸ハーバーランドMOSAIC)、日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞東京建築賞奨励賞(パーク・コート市谷加賀町二丁目)を受賞。

三作目※1
『プレイス』、集大成を目指して。

心地よい緑に彩られた東京に、美しい上質を奏でる住まいをつくりたい。
私たちが出会った街は、「喜多見」。この街を舞台に、壮大な住まいづくりがスタートしました。
2014年6月に着工、駅前の街に新たな風景を創造した『プレイスガーデン喜多見』※2。
2015年12月に着工、2017年度のグッドデザイン賞を受賞した『プレイスヴィラ喜多見』※2。
そして、今、三作目※1の『プレイス』が幕を開けます。
「喜多見」を知り尽くした私たちだから実現できた、上質の集大成。『プレイスコート喜多見』が誕生します。

「プレイスガーデン喜多見」2015年7月竣工/分譲済(2015年9月撮影)
「プレイスヴィラ喜多見」外観写真(2017年1月撮影)

建物外観完成予想CG

※1 東急不動産・三菱地所レジデンス・小田急不動産の共同事業主が手がける新築分譲マンション『プレイスコート喜多見』は、同事業主が同エリアで開発を進める、3つめの分譲マンションプロジェクトになります。
※2 「プレイスガーデン喜多見」2015年竣工、『プレイスヴィラ喜多見」2017年竣工
※掲載の現地周辺空撮写真は2017年10月に撮影したものに、CG処理を加えたもので、実際とは異なります。 現地の位置を表現した光は建物の高さや規模を示すものではありません。
※掲載の「コートシンフォニア」完成予想CGおよび建物外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。 雨樋、エアコン室外機、給湯器等、再現されていない設備機器等があります。家具・照明器具・調度品等は実際に設置されるものと異なる場合があります。
※植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。周辺建物を簡略化しています。

↑